「それぞれの夢とニーズに沿ったより充実したサポートとサービスを!」
 

厚生労障害者働き・暮らし応援センター









お知らせおしらせ

知的障がい者 年金裁判

5月15日 知的障がい者 年金裁判勝訴

平成23年より障害基礎年金不支給で告訴していた

知的障がい者の女性の裁判が、国(厚生労働省)相手に

年金支給を認める判決が大阪地裁で昨日出されました。

個人の年金支給だけでなく、

この裁判の持つ意味は、

知的障がい者の生きづらさを実生活に即した判断をする

「認定基準」を、見直す目的がありました。

裁判所の判決につきましては、

後日改めて弁護士より頂き、ご報告させて頂きます。

inserted by FC2 system